キレイに仕上げる!チラシ印刷を業者に依頼するメリットとは?

紙の厚さも選べる

色見本

用紙の厚さはさまざま

チラシ印刷に使用される紙の厚さはさまざまです。厚さは1000枚分の重さをkgで表現します。数字が大きいほど紙は厚くなっていき、小さいほど薄くなっていきます。一般的なコピー用紙の厚さはだいたい70kg、厚さの目安としては0.08mmから0.10mmの厚さとなります。光沢紙は73kgほど、とされています。あまり変わりはしませんが、ほんの少し、コピー用紙よりも厚い紙になります。70kgの紙は、新聞の折込チラシなどに使用されます。90kgの紙はコピー用紙よりも少ししっかりとしています。厚さは0.09mm~0.13mmほどです。イベントのフライヤーなどによく使用される用紙の厚さです。これよりもさらにしっかりしてくるのが110kgの紙です。厚さの目安としては、0.10mm~0.16mmです。コピー用紙や光沢紙よりも、よりしっかりとした用紙になるので、文庫本の表紙やパンフレットなどに使用されることがあります。さらにしっかりさせたい場合は、135kgの用紙がおすすめです。厚さは0.13mm~0.19mmです。ファッション誌の表紙や、CDのジャケットなどに使用されている用紙の厚さです。ポスターなどを作成したい場合は、よりしっかりとした紙の厚さが必要なので、135kgの用紙を利用するといいでしょう。また、このほかにも、53kgや58kgといった、厚さのごく薄い紙もあります。用途にあった用紙を幹分けることで、クオリティをぐんとアップさせましょう。

Copyright© 2019 キレイに仕上げる!チラシ印刷を業者に依頼するメリットとは? All Rights Reserved.